再編までの間

よく聞くコトバ、スウィーブサービスとは?⇒銀行預金と証券用の取引口座、2つの口座の間で、株式等の購入資金、売却益などが自動的に振替えてくれる便利なサービスである。同一の金融グループによる顧客囲い込み戦略である。
最近増えてきた、デリバティブってどういうこと?これまでの伝統的な金融取引や実物商品または債権取引の相場の変動が原因のリスクから逃れるために生まれた金融商品のことである。とくに金融派生商品ともいわれる。
この「銀行の運営というものは銀行自身に信頼があって成功を収めるか、そうでなければ融資する値打ちがあるとは言えない銀行だと理解されて順調に進まなくなる、二つのうち一つである」(米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏)
確認しておきたい。外貨両替とは、例えば海外へ旅行にいくとき、他には外貨を手元におく必要がある際に活用機会が多い。近頃は日本円に不安を感じた企業等が、現金で外貨を保有する動きもある。為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なるので気をつけよう。
小渕首相が逝去、森内閣が発足した2000年7月、大蔵省(現在の財務省)から今度は金融制度の企画立案事務を移管し1998年に発足した金融監督庁を金融再生委員会の管理下にある金融庁に再組織した。そして2001年1月、金融庁に業務の大半を引き継ぎ、金融再生委員会を廃止し、金融庁内閣府直属の外局となった。
今後、安定的であるうえに活動的なこれまでにない金融に関するシステムを構築するには、銀行など民間金融機関、そして行政がお互いの課題を積極的に解決しなければならない。
今後も、わが国内でも銀行などの金融機関は、既にグローバルな規制等が強化されることも視野に入れつつ、財務体質等の一層の強化だけではなく、合併・統合等を含めた組織再編成などまでも積極的に取り組んでいます。
保険⇒予測不可能な事故による財産上の損失の対応のために、同じような複数の者が一定の保険料を掛け金として納め、集めた積立金によって事故が発生した際に定められた保険金を給付する仕組みです。
説明:「失われた10年」が示すのは、ある国そのものの、もしくはある地域における経済がなんと約10年以上の長い期間にわたって不況、停滞に直撃されていた10年のことをいう言い回しである。
よく聞くコトバ、バブル経済(世界各国で発生している)の内容⇒不動産や株式などといった市場価格の動きが大きい資産が取引される価格が行き過ぎた投機によって実体経済の実際の成長を超過してなおも高騰を続け、最後は投機による下支えができなくなるまでの経済状態を指す言葉。
この「銀行の経営なんてものは銀行自身に信頼があって繁盛するか、そうでなければ融資する値打ちがあるとは言えないという見方をされたことで順調に進まなくなる、二つに一つだ」(引用:モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン)
知っておきたい用語であるMMF(マネー・マネジメント・ファンド)は、公社債や償還まで1年以内のいわゆる短期金融資産で運用する投資信託というものです。万が一、取得後の定められた期間(30日未満)に解約の場合、もったいないけれど手数料に違約金分も必要となることを知っておこう。
よく聞くコトバ、外貨預金はどんな仕組み?銀行で取り扱っている外貨商品の一つのこと。米ドルなど外国通貨で預金する商品。為替変動によって利益を得られる可能性がある反面、同じ原因で損をするリスクもある(為替リスク)。
聞きなれたバンクという単語はもともとbanco(イタリア語で机、ベンチ)が起源で、ヨーロッパで最も古い銀行には驚かされる。600年以上も昔、ジェノヴァ(現在のイタリア北部)で設立、コンスルたちに管理されたサン・ジョルジョ銀行といわれている。
最近増えてきた、デリバティブについて。従来からのオーソドックスな金融取引または実物商品や債権取引の相場が変動したためのリスクを退けるために発明された金融商品の大まかな呼び名でして、金融派生商品とも呼ばれることがある。

広告を非表示にする